ギックリ住職 コン

今朝、治療室の常連の住職さんから往診依頼の電話があって、
午後から急きょ車で約1時間かかる、人里離れたお寺に行って
きました。
ここには、新しい本堂、五重塔、茶室、池、などがあり、
コンはこの池のイワナを見るのがいつも楽しみです。
今日も帰りに、しばらくじぃーっとみて遊んできました。

さて、住職さんは、昨日からぎっくり腰で寝ているとのこと。
自宅に伺ったら、寝室で休んでいました。

操体は、仰向けで膝ウラ右ゴリゴリを両方つま先上げ、ストン。
をやったら、抜くときに痛いというので、二回をゆっくり脱力で
対応しました。これで右膝ウラのコリ消失。
膝たおしはどっちも苦痛でカット。
首の後ろの左に圧痛。首を左にねじってあごを上げてストン。
三回で、満足。
うつぶせになり、腰のかわの操体。
腰のかわを下に動かしたら、ひとりでに左カエル足になる。
イイ感じがあるとのこと。これを三回やり、
「正座してみてください」とコン。
恐る恐る、ゆっくり正座する住職。
「できた」(^^)
これで操法おしまい。

奥さんがアイスコーヒーを入れてくれ、
「主人はせんせの顔見ると直るみたい」(^^)とのこと。

「そうなんだぁ(^_^;)」と、かわいい住職。

以前、住職が治療にみえたとき、操法の後で背中を
サッサッと手でハラって、お祓いしときましたからぁ。(^^)
などど、言ったことがありました。

こんなことってあるんですかね? 。


[原文 No.3457 - 2002/08/28 20:16]

 

inserted by FC2 system