操体掲示板・過去ログ

HOME 過去ログ目次

操体掲示板過去ログ 2201〜2300

タイトル: サングラス
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/05/30 23:
   「イイかワルイかの世界」

ちがいだらけなのに、

     比較してはいけないと教わる。


山ほど差があるのに。

     みんな平等だと教わる。


なんか変なのに変だと思えない。


ものごとを、イイとかワルイといった

思考レベルのキメツケ色のサングラス

をかけて見てしまっているから・・・。


きちんと見れば、ちがいがあって、

差があるから、おもしろいのだ。

そうは思いませんか。
.
タイトル: Re:橋本先生
名 前 : セル Mail
日 時 : 2002/05/30 23:
温古堂先生は、どんな先生だったのでしょうか。セルの知る限りでは、とてもいい人でしたよ。

お会いした時は、87歳で、すべて、おみ透視!!と言う感じでした。だから温古堂先生は、何時

お迎えが来ても、喜んだと思います。自分の分身が、沢山いるのです。宮城県、東京都、京都府

、世界中に、います。セルは、怒られなかったな!!お客さんぐらいに、思ったのでしょうね。

温古堂先生は、残念でした。またどうぞ!!とは言わなかったが、そう思ったかな。たぶん!!

温古堂先生は、セルの、恩師でもあるから、感謝しないといけない。操体する時、今でもセル

のカラダ使って遊んでいますよ。良く助けて貰います。コンさんのカラダも使って遊んでいるな
.
タイトル: Re:症例・横道ずれた
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/05/30 23:
那夢>

>がまんできる今は、痛みを我慢してもらう。
   
> 私より年下の医師の言葉に、何度がくぜんとしたことか。



ある、肺癌 の方の はなし。



癌が発見されてから後の経緯話の中で、

まず出てきたのが 病院医療への怒りに近い 不信だった。




大仰に(?)CTを撮っておきながら、

目を通さずに 処置の方針を決めてしまうドクター。



   これとは別に「そっくりそのまま」の話を 聞いて まだ 間がない。

   そっちの話は 癌のオペであり、結果的には うまくいったのだが。





今回の話は 胸水を抜く処置 であった。



                 みごとにミス。


                 胸腔内に 5cmも 突っ込みすぎていて、

                 ホントに死ぬかと思うほど苦しかったと。


                 結局 出てきたのは、赤い色の 胸水ではなく、

                 出血の「血」のみであった。





    「CTは、見ていただいたのですか?」 と、二度も確かめているのに。


                 今は 肺の中に「水は溜まっていない」という

                 「感覚」の側からの 確認だった。


    ドクターは ナマ返事 で誤魔化し、そのまま 処置に入ったという。






    そして ドレーンのパイプを抜いた後、CT画像 を見ながら、


    「これだったら、(処置は)いらなかったな・・・」と ドクターは言った。





                 その直後、 彼は その病院を逃げ出した。





    日本の医療が、医師たちだけが バカなのではない。


    文明国の人間というもの全部が バカになりつつある。




                 こういう言い方は ただの キメツケに過ぎない。

                        ただの キメツケであってほしい。
.
タイトル: Re:症例・横道ずれた
名 前 : セル Mail
日 時 : 2002/05/30 23:
>その医師に、私なら現状をもっとしっかり勉強してよと、強く言いたくなります。

内科医のたいちゃん!!ありがとうございました。医師として、頑張ってくださいね。
.
タイトル: Re:症例・横道ずれた
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/05/30 23:
わー。 たいちゃん だー。 (^^)/

出てきてくれましたねぇ。 (うれしい)



たいちゃんは、バカではない まともなドクターの ひとりです。

              ただの キメツケ かな?

              


              そして、京都そうたい勉強会の 発起人。


              また 書いてください。


                 次からは、30文字ぐらいで【改行】を
                 入れてくれると さらに うれしい。
.
タイトル: たいちゃんの話
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/05/30 23:
たいちゃんの話、説得力があった。

なんか、ほっとした。まだまだ日本も大丈夫と言われたようだった。

那夢さんのカキコが読みたいコン。

ありがとう、たいちゃん。これからもよろしく。(^^)
.
タイトル: 22
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/05/31 00:
たいちゃんが、ついに 2100 台に乗せてしまった。

懸賞の 2222 は、もう目の前。


ところで、プルさんの掲示板で 前哨戦が 行われ、
555を コンさんが ゲットしたようだ。


おかげで、プルさんとこ の 掲示板は ゲーム会場
と化してしまった。

                     (^^;
.
タイトル: Re:橋本先生
名 前 : プル Mail
日 時 : 2002/05/31 00:
ゲームも終わり、ひと段落。(^^)

> お迎えが来ても、喜んだと思います。自分の分身が、沢山いるのです。宮城県、東京都、京都府
>
> 、世界中に、います。

ホント、世界中にいるみたいです。

10年前、インド某所で、SOTAIを教えている西洋人がいました。
ネットで検索しても、英語ページ、けっこう見つかります。
.
タイトル: 知らん間に
名 前 : ママハム
日 時 : 2002/05/31 04:
勉強会で久しぶりに夏目ソージキさんと
組みました。

始めは、皮の操体をしたり指の関節を伸ばしたり
静かで動きの小さい事をしていたのです。
どれも、それなりに気持ちがいいとのことと
皮の張りや筋肉の緊張も緩むのですが
その内、何となくお互い 飽きてきたような
慣れてきて面白くないような そんな感じがしたんです。

そこで 思い切って片脚を持ち上げて膝を曲げたり
股関節を回したり 
すると 
「曲げた膝を伸ばして踏ん張ってみたいから抵抗をかけてほし」
と言われました。
    
     踏ん張って ハイ グニャ!
              上手くいきました。

その後、両脚 両腕をオーバーリアクションで動かして
「これは、いけますねー 体が動きにどんどんついて行く
いいですねー」
と 面白く遊んでしまいました。

知らん間に【動かない】イメージが私の頭の中に出来上がっていて
動かしてみることにブレーキがかかっていたようです。
  
  キメツケルナ!
  ヤッテミロ!
     
      この言葉
      金の額縁に入れて頭の中に掲げて置きます。

飽きてきたような 慣れて面白くない感じを
新鮮な風が吹き飛ばして爽やか〜でした。(私は)

     ソージキさんは、どうだったんだろう?
.
タイトル: Re:22
名 前 : soutai虫
日 時 : 2002/05/31 10:
>
> 懸賞の 2222 は、もう目の前。
>
>
まる> ところで、プルさんの掲示板で 前哨戦が 行われ、
 > 555を コンさんが ゲットしたようだ。
 >
 >
 > おかげで、プルさんとこ の 掲示板は ゲーム会場
 > と化してしまった。
 >
 >                      (^^;


 ゲーム会場とさせてしまったのは 私です 少し 反省しています。

プル先生・セル先生すみません。 (^^; (^^;; (^^;;;   <(_i_)>
.
タイトル: Re:症例とうべえさんへ
名 前 : とおべえ Mail
日 時 : 2002/05/31 13:
とうとうコン先生から宿題まで出されてしまった。
ウ〜ん、学生時代から宿題はやっていかない方だったので、
これで失礼させていただきます。
とはいかないですねえ。
遅まきながら書かせてもらいます。

ところで、翁先生が「いいどごだべぇ、みーんないってんのさぁ、みんなに会えんのさぁ、」
とおっしゃったそうですが、
おそらく、翁先生には、向こう側がどんなところか、
ということをかなりよく分かっておられたのではないかと思います。
だから、向こう側が、ほんとうにいいところだと分かっているならば、
あちらに行くことは、あまり怖くないでしょう。

しかし、我々凡人には、
そこまで実感することはとても難しいことだと私は思います。

そこで、我々にもできそうなことといえば、
いま自分のおかれている状況を、
素直に、できるだけ心の奥底から受け入れることだと思います。
(私は、覚悟というのはこういうことなのではないかと勝手に解釈しています)

だから、例の患者さんの場合、薄々感じているきたるべき未来の状況を、
どんなに嫌だろうが嬉しかろうが、
ありのままに受け入れることができれば、
(実際受け入れられていたようですね)
死への恐怖も軽減されるのではないのでしょうか?

といっても私自身が、死というものを自分の未来に
起こりうることだということを、実感していませんので、
患者さんに「死ぬときの覚悟をしなさいよ」
と言っても、全く言葉に力がないでしょうから
いまの私では言えないような言葉だと思っています。

こんなもんで60点位いただけるでしょうか?
.
タイトル: Re:知らん間に
名 前 : 夏目ソージキ@CP Mail URL
日 時 : 2002/05/31 14:
ママハムさん、水曜日はありがとうございました。


> 勉強会で久しぶりに夏目ソージキさんと
> 組みました。
>
> 始めは、皮の操体をしたり指の関節を伸ばしたり
> 静かで動きの小さい事をしていたのです。
> どれも、それなりに気持ちがいいとのことと
> 皮の張りや筋肉の緊張も緩むのですが
> その内、何となくお互い 飽きてきたような
> 慣れてきて面白くないような そんな感じがしたんです。

ソージキは基本的に、「少しでもラクに身体を動かしたい」人なのです。
#同時に、無理矢理我流で身体を動かすコワサも身に沁みています。

だから、身体が緩んでラクになったことをまず確認したかった。

たぶん、ママハムさんに身体を通して、そんな想いが伝わったんだと思います。


>
> そこで 思い切って片脚を持ち上げて膝を曲げたり
> 股関節を回したり 
> すると 
> 「曲げた膝を伸ばして踏ん張ってみたいから抵抗をかけてほしい」
> と言われました。
>     
>      踏ん張って ハイ グニャ!
>               上手くいきました。

われながら見事なものでした。 (^^)V
>
> その後、両脚 両腕をオーバーリアクションで動かして
> 「これは、いけますねー 体が動きにどんどんついて行く
> いいですねー」
> と 面白く遊んでしまいました。
>
> 知らん間に【動かない】イメージが私の頭の中に出来上がっていて
> 動かしてみることにブレーキがかかっていたようです。

ボ○ース病院のOTや聖ヨ○フ整肢園でのPTの時間に一番苦労しているのが、【正しい動き】のイメージ作りです。
だから、ママハムさんがソージキを見て【動かない】イメージを持ったのはむしろ当然なのです。
かわの操体で遊んでいるうちに、

【動かない】→【動くかな?】→【動きたい!!】

と、イメージが変化していったのです。

この変化をひきだしてくれたのは、治療師ママハムさんの腕前ですよ。

>   
>   キメツケルナ!
>   ヤッテミロ!

この言葉をどのように治療に活かすか、その辺がまる先生が四角になって怒られたところと関係しているようにソージキには思えます。

>      
>       この言葉
>       金の額縁に入れて頭の中に掲げて置きます。
>
> 飽きてきたような 慣れて面白くない感じを
> 新鮮な風が吹き飛ばして爽やか〜でした。(私は)
>
>      ソージキさんは、どうだったんだろう?

確かにいい意味で緊張感が漂っていましたね。
.
タイトル: とおべえさん宿題
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/05/31 17:
> とうとうコン先生から宿題まで出されてしまった。


    とおべえさん宿題やってくれたんですね。ありがとう。


> いま自分のおかれている状況を、
> 素直に、できるだけ心の奥底から受け入れることだと思います。
> (私は、覚悟というのはこういうことなのではないかと勝手に解釈しています)


    なるほど。宿題を出した本人が一番学んでいます。


> こんなもんで60点位いただけるでしょうか?

    十点だと思います。 ちがった十分だと思います。


   ところで、何故宿題なんかを出したかおわかりですか。

それは、

.>私はそういう人が、覚悟をする事を気付くようには、
>とても促せませんが、将来的にはそういうことができるようになれればいいなあ、
>と思っています。


 と、できなくてもいいことを、できればいいなあなどと思っていたからです。
.
タイトル: Re:症例・横道ずれた
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/05/31 17:
たいちゃん>
>その若い医師が言ってるように、耐性出現が問題だと考えるのは、おかしいと思います。
>その医師に、私なら現状 をもっとしっかり勉強してよと、強く言いたくなります。



   麻薬や麻酔の超ベテランというか、専門家と話す機会があったので
   ここぞとばかり、 日本の内科医の麻薬使用の現状について 質問
   してみた。




   それを 帰ったら書こう、と 思っていたのだが、


   とっても (^^; カゲキな 内容だったので、とてもじゃないが、 


   ・・・書けない・・・





   ともあれ、結論的には たいちゃんの言うとおり。

   もっともっと お勉強しましょうね。 お医者さんたち・・・


                      そいう おはなしでしたあー。(^-^;;  ばいばいっ。
.
タイトル: 麻酔・経験談・余談
名 前 : 紗夢 URL
日 時 : 2002/05/31 19:
【麻酔・経験談】
大津市民病院・消化器外科

早期胃がん切除手術

術前 主治医曰く ここの麻酔科は大変進んでいますから、
術後の痛みもたいしたことないですよ。

術後 背中に細い細い針が打たれたままで固定され(テープで貼りつけ)、
首に麻酔薬とおぼしきものをぶらさげて3日間やったかな?1週間やったかな?
記憶が定かでないが、計算された分量のヤク(?)が少量ずつ体内に入るようになっていた。
多分 すごくラクな術後だったのだと思う。

痛みは静止時(寝ている時)はほとんどなく(ホントは忘れている)、
起きるとか 歩く時、咳をしたときなど腹筋あたりを使う時には
少々痛かったが(これはホント・切ったし痛いの当たり前と思っていたワタシ)、
翌日から しっかり起きて、歩けた。

こういうのをしていただいたから、痛みが大幅に軽減され、
術後翌日から 歩け、歩けも 抵抗なく 恐れなく 結構いけた。
痛いのを我慢するって すごく疲れるもんね。
術後の癒着防止のため 翌日から歩け 歩けだったのである。

見舞い客には強靭に見えてしまうが、違うので いちいち説明せねばならなかった。



【余談】

まるさんに 集中して ひとつのことをするより
いろんなことを した方がいい と前に言ってもらったことがある。

体力的には 適度なリハビリになっている引っ越し準備だけど、
そればっかりしてないで、こうして投稿している。
最初の内は余裕があったので、通信教育とかもしていた。
いろいろした方が 疲れがたまらないみたいだ。
残すところ4日になって(3日と数時間)さすがに焦っておる。
と言っておこう。
じつは さっき割れ物を詰め込んだダンボール箱を持って
移動中に家の中でスッコロンダ。(^^ゞ
ここらで休憩をとカラダに強制的に言い渡されたと思った。(^^ゞ
足を軽く捻ったが、大事にはいたっていない ほっ。(~_~;)

ということで サボって投稿している紗夢である。
.
タイトル: Re:症例・横道ずれた
名 前 : 那夢
日 時 : 2002/05/31 20:
たいちゃんさん、初めまして。
口は達者な那夢です。

(「たいちゃん」だと失礼な気がするし、
 「たいさん」だと鯛のイメージが飛び跳ねるし
 でも「たいちゃんさん」も変 ・・・(;^_^A)

> 丸住先生から、内科医の立場から、麻薬使用につき、
> 何か一言書くようにと、言われました。

ありがとうございます。
書き込みを読んで、とても安心しました。

「末期癌患者の診療マニュアル 」が出版された頃、
私は癌の専門病院に数年働いていたので
(^^;;;;;トシガバレル

末期癌の家族を持つ友人達から相談を受けた事も何度か、
その内容が、あまりにも・・・で、頭をかかえた事が
何度かありました。

「余分な痛みを我慢している患者さん」と
「患者さんへの善意・信念」で「痛みを我慢させている医者」
の図式に(と、私には見えた)イライラとくらくら。

だからでこそ

> その若い医師が言ってるように、耐性出現が問題だと考える
> のは、おかしいと思います。
> その医師に、私なら現状をもっとしっかり勉強してよと、
> 強く言いたくなります。

の言葉に、ほっと一安心しました。
私の観てきた辛い状況は、一部の病院の事なのね。
(と思いたい)

ちなみに、若い医師は数年前、独立開業しました。
「ペインクリニック」です。(^^;;;;;

きっと、今頃はいっぱい勉強して、ペインコントロールの
上手な医者になっているでしょう。
               ・・・たぶん、きっと。
.
タイトル: Re:症例・横道ずれた
名 前 : 那夢
日 時 : 2002/05/31 20:
まるさん、こんにちは。

>    麻薬や麻酔の超ベテランというか、専門家と話す機会があったので
>    ここぞとばかり、 日本の内科医の麻薬使用の現状について 質問
>    してみた。

おおっ!!
まるさん、素敵です。

>    それを 帰ったら書こう、と 思っていたのだが、
>    とっても (^^; カゲキな 内容だったので、とてもじゃないが、 
>    ・・・書けない・・・

もし、時間があれば、さわりだけでもメールでこっそり
・・・は、だめ?

そうそう。
まるさんが京都の勉強会をしている場所で、私の妹がン年前
お給料を貰っていましたのよ。

世の中って、狭い。(^^;;;;;
.
タイトル: 唐突ですが
名 前 : ゆうひ Mail
日 時 : 2002/05/31 23:
 新しいホームページのイラストはきれいねえ…。
 おんころや語録と写真もいいねえ…。
 
 刻々の「納得」を 刻々に味わいながら か…。
 
 お邪魔しました。
.
タイトル: Re:麻酔・経験談・余談
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/05/31 23:
> 【麻酔・経験談】
> 大津市民病院・消化器外科
>
> 早期胃がん切除手術
>
> 術前 主治医曰く ここの麻酔科は大変進んでいますから、
> 術後の痛みもたいしたことないですよ。


  麻酔科 が かかわる場合は、いいんですよね。 (^^)
.
タイトル: Re:症例・横道ずれた
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/05/31 23:
>まるさん、こんにちは。


   こんにちは。(^^)/



>>    麻薬や麻酔の超ベテランというか、専門家と話す機会があったので
>>    ここぞとばかり、 日本の内科医の麻薬使用の現状について 質問
>>    してみた。

>おおっ!!
>まるさん、素敵です。



    ラッキー でした。






>>    それを 帰ったら書こう、と 思っていたのだが、
>>    とっても (^^; カゲキな 内容だったので、とてもじゃないが、 
>>    ・・・書けない・・・

>もし、時間があれば、さわりだけでもメールでこっそり
>・・・は、だめ?




     コトバ使いが カゲキだったので・・・ (^^;

     柔らかい言葉に 翻訳してなら、書けます。





     要するに 多くの内科医が、「麻薬(および 中毒)の本質を把握出来ていない」

     ということらしいのですね。




           最初に 一撃、ガツンと痛みをとってしまえば、あとは
 
           微量の投与で 痛みのコントロールが可能なのだそうです。

           副作用の問題も さじ加減ひとつ。

           コントロールは 可能なのだそうです。



     早い話が 「勉強せずに ただ、怖がっている」ドクターが まだまだ多い。

     というお話でした。



              
                 その 先生が つい、カゲキな言い回しになって

                 しまうのは たぶん 日ごろから 頭に来ているのだと・・








>そうそう。
>まるさんが京都の勉強会をしている場所で、私の妹がン年前
>お給料を貰っていましたのよ。

世の中って、狭い。(^^;;;;;



     そうだったのかあ。

     だったら、この掲示板にも 関係者 うようよ。でっせ。 (^^;

     ハンドルネームだけじゃ わからないけれど。

     いまや、二番出汁さん、とおべえさんも 関係者。(^^)
.
タイトル: Re:唐突ですが
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/05/31 23:
>  新しいホームページのイラストはきれいねえ…。
>  おんころや語録と写真もいいねえ…。


   お。ゆうひさん。 ひさしぶりっ。(^^)/

   いいでしょ。 (^^)(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)



>  刻々の「納得」を 刻々に味わいながら か…。
>  
>  お邪魔しました。


    意味深 な、消え方しないでよー。 (^^;
.
タイトル: Re:症例・横道ずれた
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/06/01 00:
> たいちゃんさん、初めまして。
> 口は達者な那夢です。



  横レスで〜す。



那夢>
>「末期癌患者の診療マニュアル 」が出版された頃、
> 私は癌の専門病院に数年働いていたので


  そうだったのかあ。 (なっとく)




ボクが 独立開業に踏み切った きっかけのひとつが 在宅の癌の患者さんの 痛みの問題 でした。


             末期癌の痛み が、 抗鬱剤で消えることがあるそうです。

             タッピング(TFT)療法 の ポイントを眺めていると

             【鬱】と【痛み】のツボが 同じであるのは、そういう意味では

             ひとつの可能性を示しています。




癌に限らず、モルヒネをしっかり使っても 激痛が治まらないという 患者さんはおられます。

                    前段の話を考慮に入れるなら、使い方が ヘタクソ
                    だった。ということだったのかもしれないのですが。



薬物が効かない人でも【ひとの手】でかなり楽になるのは 確かです。


                    ということで、若いころは 深夜の出張もしました。 が、

                    精神がもたない。(^^;

                    遠くで救急車のサイレンが聞こえるだけで 冷や汗掻いて

                    飛び起きてしまう、という 危ない状態になってきて

                    末期癌専門治療師 は やめました。




慢性的なからだの痛みというのは ひょっとして こころの痛みなのかもしれません。

                    というのは かなり控えめな言い方で、

                    そうとしか 見えてこない、という、

                    ヘンテコな【目】になって来ているこの頃。
.
タイトル: Re:知らん間に
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/06/01 00:
夏目ソージキ>
> ママハムさん、水曜日はありがとうございました。



  またまた 横レスです。 m(_ _)m    うるさいぞー>まるさん



夏目ソージキ>

>踏ん張って ハイ グニャ!
>上手くいきました。
>
>われながら見事なものでした。 (^^)V


        うはは。

        それが言えたら、たいしたもんだあ。






>【動かない】→【動くかな?】→【動きたい!!】
>
>と、イメージが変化していったのです。
>
>この変化をひきだしてくれたのは、治療師ママハムさんの腕前ですよ。


        そのとおりです。

        ママハムさん、ひさびさに キモチイイ顔してました。




>
>>   キメツケルナ!
>>   ヤッテミロ!
>
>この言葉をどのように治療に活かすか、その辺がまる先生が四角になって
>怒られたところと関係しているようにソージキには思えます。



         これも また、そのとおりです。(するどい)
.
タイトル: お願い
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/06/01 00:
ところで


そうたい 操体 ホームページの リニューアルにともない、

【らくらく操体法】を、 操体実践編 として 再編したいと

思っています。



もちろん これは 書籍ではありませんが、

操体を学ぶみなさんにとって、

こんな 本が欲しかった! 

というようなものを 作りたい。




そこで みなさん。

なんでもいいから、要求を出してください。

参考にさせてもらおうと 思っています。 


             よろしくー。
.
タイトル: こころの操体?
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/06/01 11:
まるさん>
>慢性的なからだの痛みというのは ひょっとして こころの痛みなのかもしれません。

 >                   というのは かなり控えめな言い方で、

 >                   そうとしか 見えてこない、という、

 >
                   ヘンテコな【目】になって来ているこの頃。



コンもその「ヘンテコな目」賛成です。

急性的な痛みでもありありだと感じています。

先日、朝ギックリ腰をおこして部下二人にかかえられてきた上司さん。

基本操法などは痛いだけであれもこれも気持ちよくないという。

膝ウラ圧痛もなし。

一番楽だという、うつぶせカエル足の格好で、じぃーと休むこと15分位。

その姿勢で今日の重要会議に欠席するとの携帯電話。

「今日はゆっくり休めてください。2〜3日して痛いようでしたら

電話ください」と私。帰りはなぜかすたすたとひとりで歩ける。

二日後にちょっと痛いと来室。膝倒し操法だけ指導。ほとんど治っていた。

私の指導より、携帯電話が効いたようだった。



イヤなんだけどイヤなことしなくちゃなんないとき、

腰とか痛くなって、しなくてもいい状態になって

助かることってあるもんね。痛くなってバランスとってる。

へたに治ると困るんですね。

イヤなことをイヤイヤでもしなくちゃなんなくなるから。

治らないことで、助かっている。変な話。でも現実。


操体の講習会でおばちゃんが私に教えてくれたおもしろい話。

「いつも家にいるときは膝が痛いのに、旅行に行って遊んでいると

さっぱり痛ぐなぐなんだでば、これってほんと不思議なんだよぉー」

と笑ってました。

「おばちゃん、家にキライなひといるでしょうともいえないので、

気持ちのいいところに行けば、からだも良くなるようになってんだね」

と答えておきました。


こんなことからスタートして、こころの問題がからだの苦痛と密接に

関わっていることは確かのようです。

さてさて、この先この掲示板はどんな展開になるのでしょう。

個人的には、みなさんのからだとこころがくっついた操体の体験談が

読みたいコン管理人です。カキコよろしく。(*^_^*)
.
タイトル: ママハムさんと組んで・・・
名 前 : 夏目ソージキ@CP Mail URL
日 時 : 2002/06/01 11:
かわの操体をやってもらった時、フシギなことがありました。

右腕の手首とひじの間をひねってもらってキモチイイ状態になった時、ママハムさんが、
「ソージキさんのおなかが緩んだ!」
と、指摘してくれました。
ソージキの意識は右腕に集中していたので、ママハムさんに言われなかったら、気付かずじまいだったと思います。

ボ○ースに入院していた時、PT,OTの先生に腹筋と上肢の関係を言われていたことを思い出しました。
.
タイトル: Re:こころの操体?
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/06/01 13:
> まるさん>
> >慢性的なからだの痛みというのは ひょっとして こころの痛みなのかもしれません。
>
>  >                   というのは かなり控えめな言い方で、
>
>  >                   そうとしか 見えてこない、という、
>
>  >
>                    ヘンテコな【目】になって来ているこの頃。
>
>
>
> コンもその「ヘンテコな目」賛成です。
>
> 急性的な痛みでもありありだと感じています。



     すみません。 まだ 遠慮して控えめに書いてました。

     急性の痛み も  もろ。  


     そんな風にしか 見えない・・・   (^^;
.
タイトル: Re:こころの操体?質問
名 前 : 那夢
日 時 : 2002/06/01 13:
まるさん、コンさん、こんにちは。
いっこだけ、しつもんでーす。(^o^)/

> > まるさん>
> > >慢性的なからだの痛みというのは ひょっとして こころの痛みなのかもしれません。

> > コンもその「ヘンテコな目」賛成です。
> >
> > 急性的な痛みでもありありだと感じています。

>      急性の痛み も  もろ。  
>      そんな風にしか 見えない・・・   (^^;

この「痛み」は肉体的病変が「無い」場合のみ?
それとも肉体的病変「有り」も含む?

※肉体的病変の那夢的解釈=骨折とか傷とか炎症など。
.
タイトル: Re:こころの操体?質問
名 前 : 夏目ソージキ@CP Mail URL
日 時 : 2002/06/01 14:
> まるさん、コンさん、こんにちは。
> いっこだけ、しつもんでーす。(^o^)/
>
> > > まるさん>
> > > >慢性的なからだの痛みというのは ひょっとして こころの痛みなのかもしれません。
>
> > > コンもその「ヘンテコな目」賛成です。
> > >
> > > 急性的な痛みでもありありだと感じています。
>
> >      急性の痛み も  もろ。  
> >      そんな風にしか 見えない・・・   (^^;
>
> この「痛み」は肉体的病変が「無い」場合のみ?
> それとも肉体的病変「有り」も含む?
>
> ※肉体的病変の那夢的解釈=骨折とか傷とか炎症など。
>

那夢さん、はじめまして (^^)

ソージキもまる先生に負けずに横レスします。

ソージキが通っていた養護学校には、知的障害をも持っている障害児の方も多かったのですが、自傷行為をよくする方が結構おられました。
今から考えると、内側の痛みを表に出したかったのかもしれませんね。
.
タイトル: Re:こころの操体?質問
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/06/01 14:
> まるさん、コンさん、こんにちは。
> いっこだけ、しつもんでーす。(^o^)/
>
> > > まるさん>
> > > >慢性的なからだの痛みというのは ひょっとして こころの痛みなのかもしれません。
>
> > > コンもその「ヘンテコな目」賛成です。
> > >
> > > 急性的な痛みでもありありだと感じています。
>
> >      急性の痛み も  もろ。  
> >      そんな風にしか 見えない・・・   (^^;
>
> この「痛み」は肉体的病変が「無い」場合のみ?
> それとも肉体的病変「有り」も含む?
>
> ※肉体的病変の那夢的解釈=骨折とか傷とか炎症など。
>

全部ありで「含む」です。
.
タイトル: 心の操体??
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/06/01 14:
椎間板ヘルニアの主婦の方。何度か操法をして少しは良くはなるが、

一進一退。話を聞いてみると、「主人がキライ」というので、

「離婚したらー」とそっけなく私。

えっ、とひょうしぬけした顔で「そんなこといわれたのはじめてぇ」と

笑う。


三ヶ月くらいして、ピンポーン。

「せんせぇ、離婚したら腰、すっかりなおっちゃったぁ!」

と、わざわざ報告に来てくれたのでした。

もちろん、治療はせず。もうかりませんですぅ。(^^;)
.
タイトル: Re:お願い
名 前 : いち読者・プル Mail
日 時 : 2002/06/01 15:
> 操体を学ぶみなさんにとって、
>
> こんな 本が欲しかった! 
>
> というようなものを 作りたい。

今まで出た本の中で。
一番実戦的、間違い(^^;、実践的だと思ったのが

「絵で見る 操体」

読者としては、「絵で見る 操体」の内容から、さらに応用・
発展させたものが読みたいっス。
.
タイトル: Re:心の操体??
名 前 : 小次郎
日 時 : 2002/06/01 15:

> 「せんせぇ、離婚したら腰、すっかりなおっちゃったぁ!」

うちにも同じような方が来られた事があります。

症状は、ひどい肩こりと喉のつまり(梅核気・ヒステリー球)

       離婚した途端に症状消失

後で聞くと症状のある時は、旦那の浮気で悩んでいたそうです。

今は、新しい旦那さんと仲良くやっているそうですが、今は膀胱炎と蓄膿・肩こり等で、来院されてます。

         ?????

      逃げて楽なのは一時的?

      やはり本質に気づかねば・・・・・
.
タイトル: Re:心の操体??小次郎さんへ
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/06/01 17:
小次郎さん>
> 今は、新しい旦那さんと仲良くやっているそうですが、今は膀胱炎と蓄膿・肩こり等で、来院されてます。
>
>          ?????
>
>       逃げて楽なのは一時的?
>
>       やはり本質に気づかねば・・・・・


小次郎さん、まいどです。今日は宿題です。

管理人からの指令ですからやらねばなりません。

「本質に気づく」とはどういうことなのかを、小次郎さんの

表現でいいですから書いてください。
.
タイトル: Re:こころの操体?質問
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/06/01 17:

> ソージキもまる先生に負けずに横レスします。
>
> ソージキが通っていた養護学校には、知的障害をも持っている障害児の方も多かったのですが、自傷行為をよくする方が結構おられました。
> 今から考えると、内側の痛みを表に出したかったのかもしれませんね。


ソージキさん宿題ではありません。

こころの痛みを自分の肉体を傷つけて外にだすということですか。

傷つけることで、心の痛みが消えるのですか。

消えるような気がするのでしょうね。きっと。
.
タイトル: Re:こころの操体?質問
名 前 : 紗夢 URL
日 時 : 2002/06/01 18:
> >
> > この「痛み」は肉体的病変が「無い」場合のみ?
> > それとも肉体的病変「有り」も含む?
> >
> > ※肉体的病変の那夢的解釈=骨折とか傷とか炎症など。
> >
>
> 全部ありで「含む」です。

こける、打つもみんな含む のですね。
まるさんにも 真中指にしらんまに青痣つくってたら
治療の時 背中が助かってる や
どこかが 助かってる と 言ってもらったことがあります。

きのうは 引っ越し準備でこけましたが、
今日はアタマのほぼ真中に物干し竿が降ってきて直撃。

こいうのも どっか 助かってる と 思う今日この頃ですが、
ココロと関係あるのかなーー。>コン管理人さま



>
>
.
タイトル: Re:こころの操体?質問
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/06/01 18:
> > まるさん、コンさん、こんにちは。
> > いっこだけ、しつもんでーす。(^o^)/


     はい。



> > > > まるさん>
> > > > >慢性的なからだの痛みというのは ひょっとして こころの痛みなのかもしれません。
> >
> > > > コンもその「ヘンテコな目」賛成です。
> > > >
> > > > 急性的な痛みでもありありだと感じています。
> >
> > >      急性の痛み も  もろ。  
> > >      そんな風にしか 見えない・・・   (^^;
> >
> > この「痛み」は肉体的病変が「無い」場合のみ?
> > それとも肉体的病変「有り」も含む?
> >
> > ※肉体的病変の那夢的解釈=骨折とか傷とか炎症など。



コン> 全部ありで「含む」です。



   上におなじ。(^^)

含みます。 


   うちの母親が 海外旅行中、山道で転倒して 前腕の骨(トウコツ)を

   完全(単純)骨折。


   腕の皮膚の下に 折れた骨の端っこがぽっこり 浮き上がっていた。


   日頃から 息子がしている話を思い出して、パニックにならなかった。

   もちろん、痛みが「ない」わけではない。



           痛くなって助かってんだから。



   でも、我慢できない激痛ではなく、腫れも炎症も

   起こらない。



   旅行仲間にも、ツアーコンダクターにも内緒にしたまま、

   そろそろと さすっていたら 【ポコン】と 音がして整復。


                    見事な 操体ですねえ。



            飛び出していた骨の ふくらみが消えて、

            痛みも 一気に軽減。

            そのまま ゆっくりだが字も書ける。



           「なるほど。そうなってんだ。」

           と、思ったかどうか(^^)わかりませんが、

           安心して 旅行を続けたのでした。



   途中で ツアーコンダクターに見つかって、えらく叱られ、

   帰国早々 病院に行かされた。(^^;



   病院から ギプスをして帰宅した日に 

   母親宅を訪ねていた 息子が、ギプスを全部とって

   しまったのであった。


          試しに外してみたら 取ったほうが

          キモチよかったのだ。



   多少の フォローはしたが、きれーい に 治り、

   次の年の正月などは、その骨折した腕で、生まれてはじめて

   のボーリングなぞをやりました。 



               まるさんは、負けたのでした。(; - ;)

               まるさんは、ボーリングがへた。
.
タイトル: Re:心の操体??小次郎さんへ
名 前 : 小次郎
日 時 : 2002/06/01 19:
> 小次郎さん、まいどです。今日は宿題です。
>
> 管理人からの指令ですからやらねばなりません。

      厳しい管理人さんですね。
      やっとお仕事が終わったのに・・・

> 「本質に気づく」とはどういうことなのかを、小次郎さんの
>
> 表現でいいですから書いてください。


      宿題出されて気づきました。

      前にも「本質」と言う言葉を使ってました。

      下に過去ログからひっぱてきたものを載せます。


484 快と不快 まる Mail 2001/06/18 02:04

>快も不快も常に変化しずっと留まることはありません。
>だから操体で言う気持ち良さ(快)の本質はなんなんだろうと考えてしまい
>ました。


  小次郎さんのいう快と不快 は さまざまの要素が 微妙に影響を与え合って
  何が原因でも結果でもないような 全体として 揺らいでいる って感じで
  同時に かなりデリケートな感じわけが出来ていて、
  自分で書いてられるとおり、感受性が洗練され(深められ)てるって感じです。

  少なくとも すべての生き物が持っている 原始的な感覚 として捉えられた
  <快と不快>は こんな微妙なものとしてではなかったんだろうな とは 思い
  ます。

  こういう 洗練された感受性 は 人間独特のものだし。


「本質」っていう言葉は むっつかしい ですよねぇ。

なんとなくわかったような気になって その実 わからずに使っていると
果てのない思考の(コトバの)メリーゴーランドに 連れ込まれそうです。

               僕は よくわかんないので
               使えないな〜 まだ。 (^^;



その中に 快・不快 という文字を見つけて よく調べもせずに買った本があって、
最近 これを改めて 読み返してみたんですけど これが なかなか面白い。


  そもそも それに 近づきたい という感覚を 快 と呼び、

  それから 離れたい 感覚を 不快 と呼ぶ。


というんですね。


                なるほろ〜 って 思いましたよ。


  自分が知っていること、皆が言っている事、世界や宇宙のイメージを
  いったん 全部 完全に捨てて、 改めて これを  自分の実感の場 に
  置き直して コトバとして取り出してみると こうなる、という。
  そんな感じの話だったんですが。




       ということで、


       僕の死ぬまでの宿題って事で
       もうお家に帰ってもいいでしょうか?


          管理人さん

       家にはパソコンが無い小次郎より
.
タイトル: Re:こころの操体?質問
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/06/01 19:
>
> きのうは 引っ越し準備でこけましたが、
> 今日はアタマのほぼ真中に物干し竿が降ってきて直撃。
>
> こいうのも どっか 助かってる と 思う今日この頃ですが、
> ココロと関係あるのかなーー。>コン管理人さま
>

完全にココロと関係あります。

たぶん以前に洗濯物を干すときに、イライラして物干し竿に

なんか変なことしませんでしたか。思い出してみてください。

これは、たぶんバチが当たったということです。

詳しいことは竿さんに聞いてみないとわかりませんが、

とりあえず、頭のその部分が刺激を求めていたのだと理解し、

竿さんを「ありがとうね」とやさしくなでてあげれば完璧です。

後で、ごほうびまちがいなしでしょう。

決して竿さんに当たったりしないでくださいね。

もっとバチが当たりますので・・・。

竿のともだちコン管理人より。
.
タイトル: Re:症例・横道ずれた
名 前 : 那夢
日 時 : 2002/06/01 19:
まるさん、こんにちは。那夢です。

>   横レスで〜す。

はーい。お手柔らかに。(^o^)/

> ボクが 独立開業に踏み切った きっかけのひとつが 在宅の癌の患者さんの 痛みの問題 でした。

私が癌の専門病院に就職したのも、それ迄働いていた総合病院での、末期癌患者さんの
痛みの問題でした。
癌の専門病院ではどのようにしてペインコントロールをしているのか?
患者さん本人や家族への精神的援助はどのようになされているのか?
これらがテーマでした。

>              末期癌の痛み が、 抗鬱剤で消えることがあるそうです。

確かに鎮痛剤のみでは、効果が薄い時がありました。
不安は痛みの大きなファクターですよね。

むかし、ひっきりなしに痛みを訴えていた末期癌患者さんがいました。
もちろん「むかーし」の事なので「告知は死を早める」と考えられていた時代でした。
患者さんは嘘の病名を言い聞かされ、家族は本人に問いつめられるのが辛くて
面会が減ってしまい・・・患者さんにとって辛い時期でした。

その病院では「鎮痛剤は8時間間隔を空ける」が主流でしたので、
(しかも、その鎮痛剤はア○Pだったりする(^^;;;;)
痛く無い時間の方が、少なかったんですね。

ひっきりなしのナースコール。
体位交換・マッサージ(痛い所をさするだけ)・温湿布・プラセーボ等など
・・・何をしても効果は一時的で・・・

「どうしてこんなに痛いの!? 注射をしてよ!! どうしてだめなの??
 医者を呼んで!! 何でもイイから何かしてよ。痛いのよっ
 ここは病院でしょ!!」

と、何度もお叱りを受けました。

ただ、一度、とても病棟が落ち着いていた夜。
その方の好きな聖書をゆっくり朗読した時、自然に寝息を立てていらっしゃいました。
それこそ、一晩ぐっすりと。

その時、精神的援助がどれだけ影響あるものか、実感しました。

現在なら、もしくはその当時の癌専門病院で使用される鎮痛剤・抗鬱剤の量なら
あの患者さんは、別の時間を生きられたかもしれません。
そして、家族へのフォローを医療スタッフが対応出来ていれば、
家族と患者さんとの溝ももっと浅かったかもしれません。

あくまでも、仮定の想い。

> 薬物が効かない人でも【ひとの手】でかなり楽になるのは 確かです。

(゚゚)(。。)(゚゚)(。。)

>
>                     ということで、若いころは 深夜の出張もしました。 が、
>                     精神がもたない。(^^;
>                     遠くで救急車のサイレンが聞こえるだけで 冷や汗掻いて
>                     飛び起きてしまう、という 危ない状態になってきて
>                     末期癌専門治療師 は やめました。

危ない状態を続けては まるさんが壊れてしまふ。
今のまるさんがいてくれて、嬉しいです。(*^^*) 

私も結婚を境に、ターミナルの現場から離れています。
でも、いつか、戻るつもりで、いろいろ野次馬していますのよ。(^_-)☆
なかなか進歩しませんが。ゞ(-_^;)。。。

>                     そうとしか 見えてこない、という、
>                     ヘンテコな【目】になって来ているこの頃。

ヘンテコな【目】もすてきだけど、
ヘンテコな【目】は「諸刃の剣」とも感じている・・・。
その理由が自分の事なのに、分からない。

明日は怪獣達の運動会!!
曇るといいなぁ。(*^^*)
.
タイトル: Re:こころの操体?質問
名 前 : 夏目ソージキ@CP Mail URL
日 時 : 2002/06/01 19:
夏目ソージキ@ただの野次馬 です。

コン先生、これからもよろしくお願いします。 <(_i_)>

> > ソージキが通っていた養護学校には、知的障害をも持っている障害児の方も多かったのですが、自傷行為をよくする方が結構おられました。
> > 今から考えると、内側の痛みを表に出したかったのかもしれませんね。
>
>
> ソージキさん宿題ではありません。

ソージキも「宿題」なんてムズカシクは捉えていませんよ。
#30年間気になっていた情景が頭に浮かんだだけのこと。

>
> こころの痛みを自分の肉体を傷つけて外にだすということですか。

「こころ」とさえ呼べないような内部の混沌、といった方が適切かもしれません。

>
> 傷つけることで、心の痛みが消えるのですか。

すぐには消えないでしょう、混沌に収拾がつかなければ。

>
> 消えるような気がするのでしょうね。きっと。

一時的には、ね。

(つづく)
.
タイトル: 幼年時代(2146の続き)
名 前 : 夏目ソージキ@CP Mail URL
日 時 : 2002/06/01 20:
ソージキ自身はよく覚えていませんが、3歳ぐらいまで夜泣きが激しくあまり眠れなかったようです。
困った両親はソージキにまだテストパターン画面のテレビを見せたりしていたそうです。

ソージキの母は、
「あぁ、この子はきっとよっぽど辛いんだろうな」
と思っていたそうです。

大きくなってこの話を聞かされても、
「そうそう、あの時は辛かったんだよ」
とは反応できなかったソージキでした。

#わずかに思い出したのは、「内部の混沌」的感覚でした。
.
タイトル: Re:こころの操体?質問
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/06/01 20:
紗夢>
> こいうのも どっか 助かってる と 思う今日この頃ですが、
> ココロと関係あるのかなーー。>コン管理人さま


   得意の 横レスです。(^^;


那夢>
>>> この「痛み」は肉体的病変が「無い」場合のみ?
>>> それとも肉体的病変「有り」も含む?
>>>
>>>※肉体的病変の那夢的解釈=骨折とか傷とか炎症など。


コン>
>> 全部ありで「含む」です。


紗夢>
>こける、打つもみんな含む のですね。




こける も 打つも ケガも 関係あるように思います。

ケガして 助かっている。ということは ある。 と。


昔、手術をしても 半年の命。

とても難しい場所なので、手術はすすめない。 といわれた
肺がん(心臓の際を 前後に貫く12cmの癌)の方を
みていたときのことです。


のみすけ の その患者さん、
深夜に 自転車で飲みに出かけ、べろべろに酔って
自転車を押して帰る途中、転倒。


右腕から地面に突っ込んだのですが、腕全体が 真っ青。(内出血)


翌日から 背中の痛みが消えました。



         この方は、西洋医学の治療を拒否され、(検査のみ受け入れ)
         六年がかりで 癌が完全に消える(CTレベル)ところまで
         行きました。

                そのときの はしゃぎ ように 危なさを感じたものです。


         案の定、癌が消えるのと入れ替わるように 別の難病(皮膚筋炎。 まったくのお手上げでした)
         が出て、自宅で亡くなりました。
.
タイトル: Re:こころの操体?質問
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/06/01 20:
> 那夢さん、はじめまして (^^)
>
> ソージキもまる先生に負けずに横レスします。


     まるです。

     横レスへの 割り込みレス です。(^^;


ソージキ>
>> ソージキが通っていた養護学校には、知的障害をも持っている障害児の方も多かったのですが、
>> 自傷行為をよくする方が結構おられました。
>> 今から考えると、内側の痛みを表に出したかったのかもしれませんね。


コン> 傷つけることで、心の痛みが消えるのですか。

ソージキ>すぐには消えないでしょう、混沌に収拾がつかなければ。




     自傷 は、こころの痛み を、かなり 軽減する場合があるようです。



     めぐりめぐって なんとはなしに ラクな気がする・・というのではなく、

     切った「瞬間」に スーッ と、霧が晴れるように苦しさ(心の混沌、かな)が晴れて

     ハッキリと キモチよくなる。


                      と、本人から直接聞いたことがあります。


                      ある意味、麻薬依存に 近いという印象を受けました。




     精神科の主治医 は、自傷を ガマンするように説得しており、

     治療方針が 二重三重になると、さらに混乱して苦しくなることは

     目に見えていたので、僕のほうも 止める方向で説得しようとしていたのですが。




     「でも、気持ちいいんだから いいことなんじゃないの?」と、反論されたときは

     一瞬コトバに詰まりました。



     「周囲の人たち にとって キモチ悪すぎるんだ・・」という、ことで

     納得はしてくれたのですが。





コン >> 消えるような気がするのでしょうね。きっと。

ソージキ> 一時的には、ね。



     あくまで、一時的。

     でないと、繰り返すことは ないはずですから。

     
.
タイトル: Re:幼年時代(2146の続き)
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/06/01 21:
> ソージキ自身はよく覚えていませんが、3歳ぐらいまで夜泣きが激しくあまり眠れなかったようです。
> 困った両親はソージキにまだテストパターン画面のテレビを見せたりしていたそうです。
>
> ソージキの母は、
> 「あぁ、この子はきっとよっぽど辛いんだろうな」
> と思っていたそうです。
>
> 大きくなってこの話を聞かされても、
> 「そうそう、あの時は辛かったんだよ」
> とは反応できなかったソージキでした。
>
> #わずかに思い出したのは、「内部の混沌」的感覚でした。



内部の混沌的感覚を、もう少しだけ具体的に表現できませんか。

たとえば、孤独感とか恐怖感とかになりますか。

なにかカキコください。
.
タイトル: Re:こころの操体?質問
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/06/01 21:
> 夏目ソージキ@ただの野次馬 です。
>
> コン先生、これからもよろしくお願いします。 <(_i_)>
>

> #30年間気になっていた情景が頭に浮かんだだけのこと。


浮かんだと言うことは、なにか変化が起こるのかも知れませんね。


> 「こころ」とさえ呼べないような内部の混沌、といった方が適切かもしれません。

> すぐには消えないでしょう、混沌に収拾がつかなければ。

ソージキさんの「こころ」はどのへんにありますか。

感覚でイイです教えて。頭とか胸とか。

あとは、生きていて自分が一番反応してしまうというか、ストレスに感

じる状況はどんなときですか。いらいらするときとかです。

もし、さし支えなければぼーっと考えて教えてください。

なにかの糸口が見つかるかも知れません。

あまり期待しないでちょ。(*^_^*)
.
タイトル: Re:幼年時代(2146の続き)
名 前 : 夏目ソージキ@CP Mail URL
日 時 : 2002/06/01 21:
ソージキです。

> 内部の混沌的感覚を、もう少しだけ具体的に表現できませんか。
>
> たとえば、孤独感とか恐怖感とかになりますか。
>
> なにかカキコください。
>

あえて表現すれば、時々モーツァルトの音楽に感じられるような
「原始的なかなしみ」
とでもなりますか。

かわの操体を知る以前は、身体の中で部分同士がつながっていないことによる「内部の孤独感」がありました。

「原始的なかなしみ」と関係あるかもしれません。
.
タイトル: Re:こころの操体?質問
名 前 : 夏目ソージキ@CP Mail URL
日 時 : 2002/06/01 21:
> ソージキさんの「こころ」はどのへんにありますか。
>
> 感覚でイイです教えて。頭とか胸とか。

胸の首寄りの部分ですね。

>
> あとは、生きていて自分が一番反応してしまうというか、ストレスに感
>
> じる状況はどんなときですか。いらいらするときとかです。
>
> もし、さし支えなければぼーっと考えて教えてください。
>
> なにかの糸口が見つかるかも知れません。
>
> あまり期待しないでちょ。(*^_^*)
>
>

すみません、時間がないので明日カキコします。
.
タイトル: Re:心の操体??
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/06/01 21:
> 三ヶ月くらいして、ピンポーン。
>
> 「せんせぇ、離婚したら腰、すっかりなおっちゃったぁ!」
>
> と、わざわざ報告に来てくれたのでした。
>
> もちろん、治療はせず。もうかりませんですぅ。(^^;)



で、「オレ、治したんじゃ ねェ!」」って

    笑顔の下で むくれてたとか。  (^^)



    離婚したら 癌が消えた って話も 聞いたことがあります。
.
タイトル: Re:お願い
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/06/01 21:
> > 操体を学ぶみなさんにとって、
> > こんな 本が欲しかった! 
> > というようなものを 作りたい。


> 今まで出た本の中で。
> 一番実戦的、間違い(^^;、


      ゲームやりすぎ。> プルさん (^^;



>実践的だと思ったのが
>
> 「絵で見る 操体」
>
> 読者としては、「絵で見る 操体」の内容から、さらに応用・
> 発展させたものが読みたいっス。


   なるほろ。


   他の方の 意見も いろいろと聞きたい。
.
タイトル: Re:お願い
名 前 : 那夢
日 時 : 2002/06/01 21:
まるさん。(^o^)/

> 操体を学ぶみなさんにとって、
> こんな 本が欲しかった! 
> というようなものを 作りたい。
>
> なんでもいいから、要求を出してください。
> 参考にさせてもらおうと 思っています。 

えーとですねぇ。
イラストが多くて、実技の説明が詳しくて、
その時の治療者の観察点や、気分の持ち方が
同時に分かるようなのがいいですぅ。

えっ?
わがままですか?? ノ(^o^;)
.
タイトル: Re:症例とうべえさんへ
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/06/01 22:
例によって 横レスです。 m(__)m


とおべえ>
>しかし、【我々凡人】には、そこまで実感することはとても難しいことだと私は思います。
>いま自分のおかれている状況を、素直に、できるだけ心の奥底から【受け入れる】ことだと
>【いまの私では】言え【ない】ような言葉だと思っています。




    今の自分(私)を、 すでに受け入れているのなら、

   「われわれ凡人」「いまの私では」 という言葉はない。



                  だから、「素直に、できるだけ心の奥底から受け入れる」

                  ていうこと自体が、もうひとつの「できればいいなあ」。



                  「できなくてもいいこと」を、「できればいいなあ」と思

                   うのは、けっこう みんな持ってる 《心のクセ》かも。






「あるべき自分」「あるべき私」「非凡な自分」


という夢(イメージ) が アタマのどこかにある時、





いまの この 自分は、



「このようでしかない自分」「あるべきに辿り着いていない私」「凡庸な自分」 



                として しか 自分の目に 映って来ない。





   「できればいいなあ」と夢を持つこと=今の自分の否定 を まずやって、 


   その 否定した自分 を あらためて、【心の奥底から受け入れる】。


                ちと ふくざつ。




   【受け入れること】という 新らしく作られた夢 が、


   はじめあった(非凡な自分 とかの)夢 に 上塗りされて 覆い隠されてしまう。



                  もう、どれが、「いま自分のおかれている状況」なのか
                  わからなくなってしまう可能性 すらある。



                  この 「複雑さ」を、治療家の門を叩く患者さんの
                  大半が抱えている。




                  だから、とうべえさんは、すごくいい観察サンプルを

                  いちばん身近なところに 持っているということかもしれない。



                  ラッキーだよね。 (^^)
.
タイトル: Re:お願い
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/06/01 22:
那夢> まるさん。(^o^)/


    は、はい。 (^^;



那夢>
>えーとですねぇ。
>イラストが多くて、実技の説明が詳しくて、
>その時の治療者の観察点や、気分の持ち方が
>同時に分かるようなのがいいですぅ。




(゚゚)(。。)(゚゚)(。。)




>えっ?
>わがままですか?? ノ(^o^;)


         そらそう・・・・ え?  い、いえ・・。

         うけたまわりましたっ。  (^^;
.
タイトル: Re:心の操体??
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/06/01 22:
> > 三ヶ月くらいして、ピンポーン。
> >
> > 「せんせぇ、離婚したら腰、すっかりなおっちゃったぁ!」
> >
> > と、わざわざ報告に来てくれたのでした。
> >
> > もちろん、治療はせず。もうかりませんですぅ。(^^;)
>
>
>
> で、「オレ、治したんじゃ ねェ!」」って
>
>     笑顔の下で むくれてたとか。  (^^)


  わはははは(^^;)

>
>     離婚したら 癌が消えた って話も 聞いたことがあります。
>

こりゃ、やっぱり、そういう現在進行形的な感情の部分と、

自分では記憶にない過去の感情のレベルへのアプローチを

どうするかみたいなことがおもしろそうですね。

操体には、それらをも含めて解決できる可能性があると思います。

今後の課題であり、自分自身のことでもあり、楽しみです。

ひとりよりふたり、ふたりよりさんにんです。

みなさんよろしくたのみます。コン管理人(*^_^*)
.
タイトル: ワタシの場合
名 前 : 紗夢 URL
日 時 : 2002/06/01 22:
まるさんwrote

自傷 は、こころの痛み を、かなり 軽減する場合があるようです。


ワタシの場合はもっと哀しくなるだけでした。
何の解決にもならない。
もっともイメージの世界にひたりきっていましたが。

今は こういうふうに書けますが、当時は混沌の螺旋の中にいました。
つい 最近まで ぐるぐるぐるぐる まわってました。

ワタシの場合 原因の根本は自己否定でした。
母親に愛されない事実とその母親が嫌いなワタシを世間が理解してくれない。
誰にもわかってもらえない。

世間は子を愛さない親はいない と言い、
親がいなかったら アナタは生まれてこなかったと言う。

ワタシは ずっと生まれてこなくてもよかったと思っていました。

その反面 親は子を愛し、子は親を愛するもの というイメージに はまってました。
親子とはそういうものだと信じこんでいたのでした。
  
   世間 社会が情報操作している 刷り込みかもしれないイメージという
   部分もありますよねぇ。


子を愛せない母親もおり、母親を愛せない子もいるのだと、
最近ようやく 自分自身の事実を受け入れることができました。

長い、長い、長い間 自分をさいなんでいた罪悪感から解放されました。

(母親へ愛情を持てず、憎悪をいだいていることに対する自分自身への罪悪感)


解放されたら、自己否定と憎悪が消えました。


ワタシの自己否定は 母親に愛されない 望まれて生まれてこなかった というところから
始まっていました。


母親が投げつけた言葉

「あんたなんか父親にそっくりで大嫌いや」

父親と母親はワタシが3歳の時に離婚。
ワタシは一人っ子で母親に引き取られたので、
幼かったワタシは 母親しか頼るヒトがいなかったのでした。
その母親に 嫌いだと言われたことは ひどいショックでした。
【孤独感】です。
とても 小さい時から この孤独感はありました。
はっきり「嫌い」だと言われた時に孤独感は強まり、反発がはっきりと始まりました。
でも矛盾もしてました。

父親と母親は結婚と離婚を2度していました。
最近 除籍謄本から知った事実です。

父親は愛人に子をつくり、愛人を選んだようです。
父親に捨てられたことを母親は受け入れることができなかったのだと推測されます。
母親自身が幼少の時に養女に出され、愛情薄く育ったヒトだったので、
愛し方や愛され方がわからなかったのだとも推測されます。
母親にも どこにも あたる ところがなかった。

でも 私にあたることはない。
私のせいやないもん。


で、ワタシも愛し方や愛され方が わかっていません。
自覚できてます。

       が、

  「愛」というコトバが 【イメージ】なんですよねぇ。


なんで 自己否定がなくなったか?
罪悪感が消えたのか?

動いたら 動く とでも 言うのでしょうか?

コンさんが 正直さん 失礼 ソージキさんに

「浮かんだと言うことは、なにか変化が起こるのかも知れませんね。」

と書かれたこと。

そんな感じによく似ています。
自分でしか気付けないのですよねぇ。


この4月下旬から5月の初旬に怒涛のように動きました。
まるさん も びっくらぎょうてんくらい に 動きました(^^)
ほんで ついでに【欲張る】消えたら
家も見つかって。引っ越し(^^)v

おお だらだら と 読んでも わからんような
はしょった人生?を書いている。
詳しく書くと1日では終わらない。掲示板独占状態になったら
管理人さんに怒られるし(^^ゞ

きっと これを読んで反発を感じられる方もおられると
思いますが、私のホントウです。
いろんな親子があるのです。



ところで
コン管理人さま:竿さんに聞いたら、アタマの真中のツボに
刺激が必要だったそうです。
竿さんに ありがとう と 言っておきました。(^^)
.
タイトル: Re:症例・横道ずれた
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/06/01 23:
那夢>
> 現在なら、もしくはその当時の癌専門病院で使用される鎮痛剤・抗鬱剤の量なら
> あの患者さんは、別の時間を生きられたかもしれません。


     かも しれません。

     でも それはそのヒトが 生きてきた気分 も関わるはずです。




> そして、家族へのフォローを医療スタッフが対応出来ていれば、
> 家族と患者さんとの溝ももっと浅かったかもしれません。


     かも しれません。



     でも(ごめんなさい)、いろいろ現場の様子を聞いている限りでは

     そのような対応能力(レベル)は さらに低下している


     のではないか、って 感じがあります。



     専門化 が、すすむほどに その傾向が強まっているような。


                  でも 医学の教育現場で 反省の動きが出てきているそうですよ。







> > 薬物が効かない人でも【ひとの手】でかなり楽になるのは 確かです。
>
> (゚゚)(。。)(゚゚)(。。)


     そもそもが、「モルヒネが効かない」 といって 外科のドクターから

     SOSが入ったところから、始まっています。



     鍼で なんとかならないものか? と。

     鍼は 自信がなかったので (^^; 手でやると。

                  やってみなければわからない し。



     でも、どうして 末期癌の痛みが 手で軽減したのかを 

     今考えると どうもよくわからない。







> 危ない状態を続けては まるさんが壊れてしまふ。
> 今のまるさんがいてくれて、嬉しいです。(*^^*) 


     壊れそうになっては ぱわああっぷ して復活。            > サイヤ人?

     たぶん これの繰り返し。






> 私も結婚を境に、ターミナルの現場から離れています。
> でも、いつか、戻るつもりで、いろいろ野次馬していますのよ。(^_-)☆
> なかなか進歩しませんが。ゞ(-_^;)。。。


     そうだったのかあ。




> >そうとしか 見えてこない、という、
> >ヘンテコな【目】になって来ているこの頃。
>
> ヘンテコな【目】もすてきだけど、
> ヘンテコな【目】は「諸刃の剣」とも感じている・・・。
> その理由が自分の事なのに、分からない。


    ヘンテコな目 は、 片目だけ (・_ -)。

    それで 十分だと思っています。



    どんな目であれ、両目ともが同じになったら、

    キメツケが 始まってしまう。






> 明日は怪獣達の運動会!!
> 曇るといいなぁ。(*^^*)


おはだ が、弱い トカゲさん?
.
タイトル: Re:心の操体??
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/06/02 00:
> 操体には、それらをも含めて解決できる可能性があると思います。



あると 思います。 
.
タイトル: Re:ワタシの場合
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/06/02 00:
> その母親に 嫌いだと言われたことは ひどいショックでした。
> 【孤独感】です。
> とても 小さい時から この孤独感はありました。
>
> 愛し方や愛され方がわからなかったのだとも推測されます。
>
> で、ワタシも愛し方や愛され方が わかっていません。
> 自覚できてます。
>
>        が、
>
>   「愛」というコトバが 【イメージ】なんですよねぇ。
>
>
> コンさんが 正直さん 失礼 ソージキさんに
>
> 「浮かんだと言うことは、なにか変化が起こるのかも知れませんね。」
>
> と書かれたこと。
>
> そんな感じによく似ています。
> 自分でしか気付けないのですよねぇ。



コンは読ませてもらい、思いました。

こんなに素直に自分を表現している姿そのものが愛なんじゃ

ないかなぁと。愛だらけの文章でした。

この書き込みに、もし私が題名をつけるとしたら「愛」と名

づけます。ありがとう。と、こころが言ってました。
.
タイトル: Re:ワタシの場合
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/06/02 00:
> なんで 自己否定がなくなったか?
> 罪悪感が消えたのか?


   人生の 根本気分が 変わっちゃったので

   とまどい気味の 紗夢さんです。






とりあえずは 「なんで」でも いいのです。


   「変わるんだ!」 


   「そう なってンだ!」



    翁せんせも 「なんで?」は わかってなかったかも。 (^-^)

             きっと コンさんが、考えてくれるでせう。
.
タイトル: まるさんへ ホローのお願い
名 前 : 紗夢 URL
日 時 : 2002/06/02 01:
紗夢猫は書くのが上手いときもありますが、
おもいっきり下手な場合も大変よくあります。

守秘義務(ってあるのかな?そらあるやろな)
は 守ってくださらなくていいですから
ホローした方が ええな と
この話から 他に発展できそうで 未知数の誰かの役にたてそうだったら
(受け取り方次第ですが)
バンバン いっちゃってください。

ばらしますが 紗夢猫が自分で気付くまで すごい量のメール、
2000通は軽く越えてますやろな 往復メールで助けてもらいました。
夢の中にひたってるから ちゃんとわかる 感じることができないで
なんべんも同じことを言ってもらっていました。

まるさんは あきらめんと 見捨てないで 
続けて言うてくれはりました。

つい この前聞いて納得したはずの わかったつもりのことを
忘れていることも度々(^_^;)
ほんで また聞くのですが・・・。

そいう時は まるさんは ワタシを観察して
今は そいうアタマとちゃうし しばらく忘れて と指示を
くれはります。
はまりやすいタイプなんで。

出来のワルイ患者ほど可愛いものはないそうです(~_~;)ウソです。
愛想つきかけてはったかもしれませんが(^_^;)
なんとか 今があります。

今は今なので また迷走するかもしれませんが、
迷走したら その時のこと。
もう 先のことは考えないのです。(^^)

なんとなく マに合う ということだけは わかってきました。

ありがとう という気持ちでいっぱいですが、

まるさんは 自分で気付くだけ と いわはるだけです。

ほんで えらそうに 自分で気付くしかないですねぇ などと
書きました。

でも それは ホントにそうなんです。
でも ほっといたら 気付きのためのキーワードがなかったら
それが カラダに貯金されていかなかったら
一生気付かなかったかもしれへんし。

やっぱり ありがとうなのです。


コンさんの川柳にも お金はとっても勝手に治る やったかな
ありがとう というてもろても治療代はもらう やったかな
なんか そんなんありましたね。

まるさんと 一緒やなぁ という風に感じてました。

温古堂の血筋?



ここの掲示板も ほんまに ありがとうです。

コンさん ありがとう。

裏方プルさん ありがとう。
 
.
タイトル: Re:症例・横道ずれた
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/06/02 01:
那夢さん>
> ひっきりなしのナースコール。
> 体位交換・マッサージ(痛い所をさするだけ)・温湿布・プラセーボ等など
> ・・・何をしても効果は一時的で・・・
>
> 「どうしてこんなに痛いの!? 注射をしてよ!! どうしてだめなの??
>  医者を呼んで!! 何でもイイから何かしてよ。痛いのよっ
>  ここは病院でしょ!!」
>
> と、何度もお叱りを受けました。
>
> ただ、一度、とても病棟が落ち着いていた夜。
> その方の好きな聖書をゆっくり朗読した時、自然に寝息を立てていらっしゃいました。
> それこそ、一晩ぐっすりと。
>
> その時、精神的援助がどれだけ影響あるものか、実感しました。
>

なんかすごいことが書いてある感じなんだけど、なんなんだろう。

聖書もよかったのだろうけど、やっぱり、そばに那夢さんがいる

やさしい気配自体が、最高の癒しかな。


たぶんみんな孤独でさみしかったり、かなしかったりするんだけど、

それが言葉で言えないんだ。

そんな単純なところに答えがあったりするんだよね。

さみしくもかなしくもないふりをして生きてるだけかも。
.
タイトル: 操 体 川 柳
名 前 : セル Mail
日 時 : 2002/06/02 06:
操体は、カラダとこころ、気持ち良く
.
タイトル: 操体川柳
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/06/02 08:
失敗も、肥やしに生かす、だるまさん、恥べそかいて、起きあがる。
.
タイトル: ほんとうは
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/06/02 09:
「ほんとうは」

   孤独です、寂しいんです、ほんとうは。

恐怖です、こわいんです、ほんとうは。

かなしいんです、せつないんです。ほんとうは。
.
タイトル: Re:まるさんへ ホローのお願い
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/06/02 09:
>守秘義務(ってあるのかな?そらあるやろな)
>は 守ってくださらなくていいですから  ホローした方が ええな と
>この話から 他に発展できそうで 未知数の誰かの役にたてそうだったら
>(受け取り方次第ですが)バンバン いっちゃってください。


  ばらしていいよ・・・と 言われつつ、




>ばらしますが 紗夢猫が自分で気付くまで すごい量のメール、
>2000通は軽く越えてますやろな 往復メールで助けてもらいました。


  ばらされてる・・(^^;  つーか。




>夢の中にひたってるから ちゃんとわかる 感じることができないで
>なんべんも同じことを言ってもらっていました。


         翁せんせ、おんなじことを 何べん

         言ってくれたんだろうか。



         何べん 言って聞かせても わかンね! て、大声で

         いいながら、 それでも また 同じ事を言ってくれる。



         だから、このあたりのやり方は 単に 操体法の 一部なんですよ。
.
タイトル: Re:ほんとうは
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/06/02 09:
>>      でも、どうして 末期癌の痛みが 手で軽減したのかを 
>>
>>      今考えると どうもよくわからない。





> 「ほんとうは」
>
>    孤独です、寂しいんです、ほんとうは。
>
> 恐怖です、こわいんです、ほんとうは。
>
> かなしいんです、せつないんです。ほんとうは。




   おそらく それが こたえ。 
.
タイトル: こころとからだ
名 前 : 夏目ソージキ@CP Mail URL
日 時 : 2002/06/02 11:
ソージキの場合、
からだが疲れると、背骨と左肩甲骨の間に焼けるような痛みが現れ、
こころが疲れると、みぞおちから首の付け根にかけて違和感が現れる
ように思います。
.
タイトル: Re:こころとからだ
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/06/02 11:
> ソージキの場合、
> からだが疲れると、背骨と左肩甲骨の間に焼けるような痛みが現れ、
> こころが疲れると、みぞおちから首の付け根にかけて違和感が現れる
> ように思います。


こころが疲れるときというのは、たとえばどんなときですか。

ちょいと具体的に書いてみてほしいのですが、できませんか。

ひとりでいるときとか、だれかと会っているときとか。

なにかを見たときとかでもいいです。
.
タイトル: 操体川柳
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/06/02 17:
 ヒトのため、良かれと思い、尽くします、さみしさ隠し、深い愛情。


 頑張って、欲張り威張り、胸を張り、悲しさ隠し、厚い同情。
.
タイトル: 操体川柳
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/06/02 18:
孤独感、満たそうとして、飲む食べる、ココロ空腹、ハラは満プク。
.
タイトル: 操体川柳
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/06/02 18:
孤独感、しっかりそれを、味わって、おててつないで、遊びましょう。
.
タイトル:
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/06/02 18:
明るくて、いつもニコニコ、病気です、腹の底では、コノヤロウかな。
.
タイトル: Re:ワタシの場合
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/06/02 19:
紗夢>
> で、ワタシも愛し方や愛され方が わかっていません。
> 自覚できてます。
>
>        が、
>
>   「愛」というコトバが 【イメージ】なんですよねぇ。



   ボクと まったく おんなじです。

   愛し方? 愛され方?  さっぱりわからんです。



   これじゃいかん。 などと 思ったこともないです。


                フツー だと 思ってますけどー。



   わかってると 思っているヒト も、世の中には

   いるみたいですが、ホンキなのかなー。(^^;

   ただ そう思いたいだけ。って気もするんですけどー。
.
タイトル: Re:こころとからだ
名 前 : 夏目ソージキ@CP Mail URL
日 時 : 2002/06/02 19:
ソージキです。

> こころが疲れるときというのは、たとえばどんなときですか。
>
> ちょいと具体的に書いてみてほしいのですが、できませんか。

大好きなメル友が、「病気になった」と書いてきたきり、連絡が取れなくなったりした時なんかですね。
.
タイトル: まるさん、紗夢さん、「愛」
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/06/02 20:
> 紗夢>
> > で、ワタシも愛し方や愛され方が わかっていません。
> > 自覚できてます。
>        が、
> >   「愛」というコトバが 【イメージ】なんですよねぇ。
>

>    ボクと まったく おんなじです。
>    愛し方? 愛され方?  さっぱりわからんです。
>    これじゃいかん。 などと 思ったこともないです。

>                 フツー だと 思ってますけどー。
>
>    わかってると 思っているヒト も、世の中には
>    いるみたいですが、ホンキなのかなー。(^^;
>    ただ そう思いたいだけ。って気もするんですけどー。



翁先生もそういう部分で「ことば」に興味をもってホツマとかカタカム

ナに、

イノチの原理みたいなものを見出そうとしたんだと思います。


ときどき翁先生が話してくれた、姥捨て山の話ありますよね。あれを引

用して、

よく「母の愛はありがたい」と教わった思い出があります。

「お母さんくらいありがたいものはネエんだ」。とよく話していました

からね。

私は、何のためらいもなく母親が赤ん坊を抱っこして優しい顔して微笑

んでいる。

そんなイメージで考えていました。

そんなこんなで、コンがいま思う「愛」とは、簡単です。アイです。

なんとなく意味づけすれば「イキイキ素直に表す」かな。

書きたいことを書く。好きなことをする。行きたいとこに行く。

言いたいことを言う。こんなことなんじゃないかと思ってます。

つまりは、「気持ちのいいことをすればいいんだ」になります。

だから、昨日の紗夢さんのカキコは「愛」そのものだったのです。

簡単ですよね。
.
タイトル: Re:こころとからだ
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/06/02 20:
> ソージキです。
>
> > こころが疲れるときというのは、たとえばどんなときですか。
> >
> > ちょいと具体的に書いてみてほしいのですが、できませんか。
>
> 大好きなメル友が、「病気になった」と書いてきたきり、連絡が取れなくなったりした時なんかですね。



ソージキさん、ありがとう。私と一緒です。「情」が深すぎです。

少し薄情になりましょう。

変にやさしすぎるんです。ただのクセだと思います。

できないことと、できることをはっきりと見直すことかな。

これって、コンが自分自身に言いたくて、ソージキさんの

言葉を借りて書いているのです、きっと。そんな気がします。

川柳、読んで書いてください。自分が見えてきますから。
.
タイトル: んーーー
名 前 : 紗夢 URL
日 時 : 2002/06/02 21:
2170 まるさんwrote

ばらしていいよ・・・と 言われつつ、

ばらされてる・・(^^;  つーか。


ははは すんません。(^_^;)


2180 コンさんwrote

つまりは、「気持ちのいいことをすればいいんだ」になります。

だから、昨日の紗夢さんのカキコは「愛」そのものだったのです。


んーーー。
紗夢猫は少しわかりません。
「気持ちよく書いてたか」と自問します。
【自傷】の話題が出ていたので 書いてみましたが、
書いていて 気持ちよかったか どうかは わかりません。
誰かの役にたったら いいな という気持ちは少しありました。

自分の中で 一応整理と受け入れが出来たから 書くことにも苦痛は伴いませんが、
以前は 「母」というコトバに触れるだけで 哀しかったし、自己否定のスイッチが
入っていました。
妊婦さんを見るのもイヤでした。嫌悪感さえ持ちました。
自己否定からきていたと感じます。

今は 最初に母がワタシを嫌ったという事実を受け入れることができたから、
ワタシが母を嫌ったのはしょうがない と思っています。
ワタシのせいではない ということがわかったから。
ずっと自分だけが悪いように思っていたから。

そして 今は  
親子とはいえ 別の人生なのだ 別個の人間なのだ という自分がたどりついた事実の上に
たっているから 冷静に語ることができる という感じです。
親子だからといって 必ず繋がっていなければならない と縛る方がおかしい。

だから 紗夢猫には コンさんの書かれた母のイメージは絵としては描けますが、
実感としてはわかりません。

【愛】というコトバから ヒトはそれぞれのイメージを抱くと思います。
外国の映画では 特に愛は壊れないというイメージが多く物語られているように
思えます。
ヒトはそういう映像や物語を見て、自分の中の【愛】のイメージを
膨らませてしまっているのでは ないでしょうか?

ワタシが愛され方 愛し方を知らない と書いたので コンさんのイメージや
思いを答えてくれはりましたが、
「気持ちのいいことをする」ことが【愛】としなくても
「気持ちのいいこと」は「気持ちのいいこと」
ただ それだけで いいみたいに感じます。

ワタシはずっと【愛】という見えないものが欲しかったし、
それを得られない(母親からの愛)ことが哀しかったのも事実です。
愛される というのは きっと「気持ちのいい」ものだと思います。
でも、「欲しい愛」は「気持ちいい」が続くとはちょっと思えないです。
屈折してしまったしかもしれませんが。(^_^;)

操体でも「快」を感じて、次に同じ「快」を求めるは【欲張る】に
なりますよね。「快」はいつも同じじゃないし、ココロもカラダも
いつも変化し続けてる。

ワタシは哲学的なことや 難しいことは何もわかりませんが
自己を否定し続けて(自分が生まれてきた命の否定)辿りつけたワタシへの答えは
「ある」ということです。
ワタシを含めていろんなものが「ある」です。単純です。
ヒトは何故生まれてきたか、私は何故生まれてきたかなんて
考えないでいい という私への答えです。


そして 愛され方 や 愛し方がわからない というのも
ワタシの中の事実で それを哀しいとかは思ってないです。
それが 今のワタシです。
誰とも接しないのは 淋しいです。でも、少ないけれど話せる人がある。
掲示板でこうして 話せる。
そして 自分にとって気持ちいいことや、悪いことも少なからず
感じることができてきました。
イヤなことからは逃げてもいいこともわかりました。
(何事も逃げたらアカンとどこかで思ってましたから=これもイメージ操作みたいなとこありますよね)

今 ワタシは 十分 間に合っている中で生きている。

そんな風に感じることができる今日この頃です。
.
タイトル: Re:まるさん、紗夢さん、「愛」
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/06/02 21:
> なんとなく意味づけすれば「イキイキ素直に表す」かな。
> 書きたいことを書く。好きなことをする。行きたいとこに行く。
> 言いたいことを言う。こんなことなんじゃないかと思ってます。
> つまりは、「気持ちのいいことをすればいいんだ」になります。
> だから、昨日の紗夢さんのカキコは「愛」そのものだったのです。
> 簡単ですよね。



    コンさんの言っていることは 言葉としてあらわすなら、

    むしろ、「自由」に 近いなあ。
.
タイトル: 紗夢さん、んーーー。
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/06/02 23:
2180 コンさんwrote
> つまりは、「気持ちのいいことをすればいいんだ」になります。
> だから、昨日の紗夢さんのカキコは「愛」そのものだったのです。
>
> んーーー。
> 紗夢猫は少しわかりません。
> 「気持ちよく書いてたか」と自問します。
> 【自傷】の話題が出ていたので 書いてみましたが、
> 書いていて 気持ちよかったか どうかは わかりません。

正直に自分を表現したとコンには読めたんです。

あんだけのこと書いて気持ちよくないってことはないはず。

こころの快感っていうことです。からだはしんどかったかも。


> だから 紗夢猫には コンさんの書かれた母のイメージは絵としては描けますが、
> 実感としてはわかりません。


記憶としてないだけで、どこかの意識レベルにはあるのかもよー。


> ワタシはずっと【愛】という見えないものが欲しかったし、
> それを得られない(母親からの愛)ことが哀しかったのも事実です。
> 愛される というのは きっと「気持ちのいい」ものだと思います。


小さいとき、もし母の愛をまったく得ていなかったら、

いまの紗夢さんはいないのではないでしょうか。


> 誰とも接しないのは 淋しいです。


と感じるのは、接する心地よさをどこかで知っている

からなのではないでしょうか。

コンは母の心地よさのような気がします。

嫌いなヒトをキライになるのは簡単ですが

好きな人を嫌いだとキメツケルのは、

ものすごくつらいことなのではないでしょうか。

好きなんですよきっとお母さんのことが・・・・・・・・・・。

ちがうかもしれんけど。
.
タイトル: Re:まるさん、紗夢さん、「愛」
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/06/02 23:
> > なんとなく意味づけすれば「イキイキ素直に表す」かな。
> > 書きたいことを書く。好きなことをする。行きたいとこに行く。
> > 言いたいことを言う。こんなことなんじゃないかと思ってます。
> > つまりは、「気持ちのいいことをすればいいんだ」になります。
> > だから、昨日の紗夢さんのカキコは「愛」そのものだったのです。
> > 簡単ですよね。
>
>
>
>     コンさんの言っていることは 言葉としてあらわすなら、
>
>     むしろ、「自由」に 近いなあ。


そういわれると、そのとうりでした。

さすが、自由人。
.
タイトル: こころ〜勝手な解釈〜
名 前 : アリー Mail
日 時 : 2002/06/02 23:
ヘビーなもんだいだー。


紗夢さんが言いたいことちょっとわかるような気がしてます。
わかるような気になっているだけで、わかっていなかったりするんですけど。
まあ、それは棚においておいて下さい。

私自身、紗夢さんが感じたような感じを父親に抱いていました。
父親が嫌いだったし、口を聞くのもいや、イヤイヤだらけ。

一時期、心理学系の本、読みあさり、あーでもないこーでもないと
考えまくりました。
いったいどうなったら、ああゆう父親ができあがっちゃうのか???
とか自分自身のこととか本読んでもわからないことだらけ。苦笑。
子供産んだら、父親の気持ち少しはわかるのかな?と考えたり。

5年ほど前、母が作業中に右手を切断する事故がありました。
その話をコン先生にしたとき、先生は言いました。
「助かって良かったね」と。
そして、もうひとつ私にお話してくれました。
「バランスの理論がある。お母さんは右手を切断して
何を得たんだろうね?」と。
その時は、私は「さあ??」とか答えて、家に帰りました。
家に帰って得た物について自然と考えるようになりました。
いろいろ考えて「家族であること」かな?という結論。

母の手術について、長期入院について、私の病院がよいなどなどのことで
どうしても父と話をしなければならない機会が増えたのでした。
兄弟ともあの時、今までにないくらいいろいろ話をしたように思います。
嫌で嫌でたまらなかった、父親が「嫌」ぐらいにはなりました。

あれから、かな?自分をちょっとずつ好きになれたのは。
今、自分自身だーいすきですけど。わはは。

生まれてくる意味。いろいろ考えましたよー。
赤ちゃんはなぜ泣きながら産まれてくるんだろう??とかね。笑
みんな一度は考えるんじゃないんでしょうか?

私は個人的によくわからないけどこう考えます。
紗夢さんのお母さんは紗夢さんのお父さんを大好きだった。
で、紗夢さんが生まれた。
もしかしたら、お母さんは大好きだったんだけど、
表現がうまくできなかったりもしたかもしれません。
そんこんなで、お父さんとお別れすることになりました。
大好きだったのに。
お父さんとお別れした後、紗夢さんをみると
お父さんを思い出します。
大好きだったのに、うまくそれを私は表現できなかった。
という後悔の想いが、またまたお母さんをきっかいな
行動に走らせたりします。
子供としては、それはたまったもんじゃないんですけどね。
何回もきっかいな行動が重なると子供もきっかいな行動を
するお母さんを嫌いになる→お母さんはますますきっかいな
行動に出る。という風に感じました。私の勝手な思いです。
だから、だから、お母さんは紗夢さんを大好きなんです。
ただ、すごーくすごーくへたくそなんです、表現が。

つうことで、紗夢さんもいっしょに自分をだーいすきに
なりましょう!!!
.
タイトル: Re:こころ〜勝手な解釈〜
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/06/02 23:
アリ> ヘビーなもんだいだー。


   つーか。(^^;

   ヘビーさから 抜け出られたという 話なのでわ?




> つうことで、紗夢さんもいっしょに自分をだーいすきに
> なりましょう!!!


    マにあってれば いいのですよね。


    自分を だーいすき なのもいいし、

    すきでも きらいでもない  というのもいいし。

    きらいだー。 というのも それはそれで、

    いいのではないかと。(^^;



    こうでなくっちゃダメ! ということさえ なければ。
.
タイトル: Re:んーーー
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/06/02 23:
またもや 横レス。 m(__)m     (まるさん、うるさすぎ)



> でも、「欲しい愛」は「気持ちいい」が続くとはちょっと思えないです。
> 屈折してしまったしかもしれませんが。(^_^;)



              屈折と言うところが、なかなか おくゆかしい。(^^)




    「欲しい愛」というものは、自分で勝手に思い描いた【ありえないもの】です。



    誰かが それを かなり細密に読みとってくれて、(そんなヒトがいたら、超能力者ですね)

    完璧に演技してくれる(そんなヒトがいたら、天才的演技者です)のでない限り、



    「こんなの 愛 と違う!」 と 不満が膨れ上がってくるはずです。




              屈折 ではなく、 洞察 なのだとおもいます。

              それを 屈折 と書くあたりが、 多少 屈折しているかな。(^^;






> 自己を否定し続けて(自分が生まれてきた命の否定)辿り
> つけたワタシへの答えは
> 「ある」ということです。
> ワタシを含めていろんなものが「ある」です。単純です。

> 今 ワタシは 十分 間に合っている中で生きている。




     感覚 を研ぎ澄ませて、

     感覚を中心において生きてみると

     どうしてもそうなります。


     ある。

     ただ ある。




十分以上に マにあっていると 思います。 (^^)
.
タイトル: Re:紗夢さん、んーーー。
名 前 : まる Mail URL
日 時 : 2002/06/02 23:
> ちがうかもしれんけど。


   さすが コンさん。(^^)  キメツケない。
.
タイトル: 実践編
名 前 : まる@オーナー Mail URL
日 時 : 2002/06/03 00:
とつぜんですが、操体法の 実践編づくり のはなしです。


ホームページのほうに 「こんな本が欲しかった!」と
いえるようなものをつくりたい。(60点でいいのだけれど)



でも 作り手がいかに肩肘張って、これ以上のものはない!って
がんばっても 勝手なおもいこみにすぎない・・という可能性が
たっぷり(^^; ある。



ということで、みなさんに 見てもらいながらつくる。
というアイデアが 浮かびました。



とりあえず、たたき台がないと どうしようもないので
すでにある イラストや、コンさんの文章なんかを
素材として ならべてHPに提示します。


これを見ながら、みなさんにイメージを膨らませてもらって、
編集専用掲示板に ばんばん意見を出してもらいながら、
執筆、編集を進めていく。


いわば オンライン編集室。


今回のリニューアルしたトップページについて、
雑談陽掲示板のほうで いろんな改善案や要求がでてきて
とても参考になったので、

それと 同じ方式でやってみようと。(^^)安易?



        うまくいかなきゃ また 考えりゃいいし。

        引き続き、プルさんには 苦労をかけるけど、

        とりあえず やってみたいと 思います。


        よろしく。 (^^)/
.
タイトル: セ○さんが 静かだ
名 前 : まる@オーナー Mail URL
日 時 : 2002/06/03 00:
なーんか、セ○さんが 静かだなー。

・・・ふと 気になったところで、

懸賞つき投稿ナンバーゲットレース 

のことを思い出してしまった。



うおお。なんと、もう 2190台を越えているっ!!


           ふふふ・・話題が 他に集中して、みんな忘れている・・

           2222は は 頂いたぜ・・・

           じっと息をひそめる セ○さんであった。
.
タイトル: Re:実践編
名 前 : いち読者・プル Mail
日 時 : 2002/06/03 00:
> 今回のリニューアルしたトップページについて、
> 雑談陽掲示板のほうで いろんな改善案や要求がでてきて
> とても参考になったので、
>
> それと 同じ方式でやってみようと。(^^)安易?

うはは。
安易、安易。(^^)

でも、安易、素敵。
やっちゃいましょ。(^^) (^^) (^^)

>         うまくいかなきゃ また 考えりゃいいし。

そうしましょ、そうしましょ。(^^)

フリーWeb探してみます。
ジオでもいいし、チャットんとこでも良さそう。
.
タイトル: お久しぶりです。
名 前 : かったん Mail
日 時 : 2002/06/03 00:
久しぶりの覗いたら、何とすごいリニュアール!!
感激!!
チャットもあるの??いつするの???
…と興奮気味の私でした。
ゾロメも狙いたい!(長時間寝ると、腰痛が出て目が覚めてしまう私・・・)
突然ですが、「眠れないライオン」っていう薄っぺらい本読まれた方おられませんか?
昨日何気なく、書店で購入して読んだのですが…。(立ち読みも出来る程度)
破壊→再生をテーマに書かれていて…。
そいでもって、例のニューヨークビルの爆破事件の爆風の映像に、破壊の神?が映っていたとか…???
どのように読めば良いのか解らない本なので、混乱。
中国で書かれた動物の寓話がモデルなのですが…。
きっと、意味不明の投稿になったかも…。
すいません。
また、ゾロメを狙ってアクセスします。
ではでは。
おやすみなさい。
.
タイトル: Re:セ○さんが 静かだ
名 前 : いち読者・プル Mail
日 時 : 2002/06/03 00:
> なーんか、セ○さんが 静かだなー。

殿っ!
どしてますか!!

> うおお。なんと、もう 2190台を越えているっ!!

あちゃぁ。
過去ログ2100までだ。(^^;
2150までの入れないと。

>            2222は は 頂いたぜ・・・
>
>            じっと息をひそめる セ○さんであった。

マズイ。(^^;;
「絶対セ○さんにゲットして欲しいっ!」と思ってるのは、ぼくだけ
だらうか。

なんかイキナリ。
つい最近のやうに。
広告な人がNo.2222にUPしてたら……。

ど、どしよ。 (^^;;;;;;;;
.
タイトル: Re:お久しぶりです。
名 前 : まる@オーナー Mail URL
日 時 : 2002/06/03 01:
かったん> お久しぶりです


      ひさしぶり すぎーー。(^^)

      ときどきは 覗いてね。



>久しぶりの覗いたら、何とすごいリニュアール!!
>感激!!

      でしょ でしょ。 (^^)

      プルさんの 喜ぶ顔が目に浮かぶマルさんであった。




>チャットもあるの??いつするの???
>…と興奮気味の私でした。


      まだ、決めてないんだよねー。そのへん。

      なんとなく テスト運転って感じで メンツがそろったところで

      やってますけど。


                    これも 決めたらいいんじゃないかな?

                    発案者、アリーさんの 意見 聞かせて?




>ゾロメも狙いたい!(長時間寝ると、腰痛が出て目が覚めてしまう私・・・)


      ゾロメと 寝腰と どう関係あるのかなーっ。(^^?





> 突然ですが、「眠れないライオン」っていう薄っぺらい本読まれた方おられませんか?
>昨日何気なく、書店で購入して読んだのですが…。(立ち読みも出来る程度)
>破壊→再生をテーマに書かれていて…。
>そいでもって、例のニューヨークビルの爆破事件の爆風の映像に、破壊の神?が映っていたとか…???
>どのように読めば良いのか解らない本なので、混乱。
>中国で書かれた動物の寓話がモデルなのですが…。


      う。突然だ。  たしかに・・・ そして 確かに ヘンテコな本だ。




>また、ゾロメを狙ってアクセスします。


      ちゃんと 宣言するところが えらい。

      ひそかに 競争率上がってるな、こりゃ。



千年医師物語 最終巻 よんだ? >かったん
.
タイトル: Re:実践編
名 前 : まる@オーナー Mail URL
日 時 : 2002/06/03 01:
>なんかイキナリ。
>つい最近のやうに。
>広告な人がNo.2222にUPしてたら……。
>
>ど、どしよ。 (^^;;;;;;;;


      うはは。(^^;  どしよ。




>> 今回のリニューアルしたトップページについて、
>> 雑談用掲示板のほうで いろんな改善案や要求がでてきて
>> とても参考になったので、
>>
>> それと 同じ方式でやってみようと。(^^)安易?


>うはは。
> 安易、安易。(^^)
>
> でも、安易、素敵。
> やっちゃいましょ。(^^) (^^) (^^)




>> うまくいかなきゃ また 考えりゃいいし。

> そうしましょ、そうしましょ。(^^)





わはははは。   プルさん!! ってノリだなぁ。  いいなぁ。





>フリーWeb探してみます。
>ジオでもいいし、チャットんとこでも良さそう。





   まるさんは PC歴長いわりに ネットは苦手。 プル頼み。

   よろしくお願いします。 m( _ _ )m
.
タイトル: Re:こころ〜勝手な解釈〜
名 前 : アリー Mail
日 時 : 2002/06/03 06:
> アリ> ヘビーなもんだいだー。
>
>
>    つーか。(^^;
>
>    ヘビーさから 抜け出られたという 話なのでわ?

そうですねー。ただ、私自身は、自分の核となる部分だったりするので、抜け出たと思ってもまたこの問題がでてきたり、、、って感じなんで、ずーっと考えて行かなきゃならない課題なのかなーと思っています。私自身のそうゆう意味でヘビーということかな?
紗夢さんにとってというのではなくて、、、。


> > つうことで、紗夢さんもいっしょに自分をだーいすきに
> > なりましょう!!!
>
>
>     マにあってれば いいのですよね。
>
>
>     自分を だーいすき なのもいいし、
>
>     すきでも きらいでもない  というのもいいし。
>
>     きらいだー。 というのも それはそれで、
>
>     いいのではないかと。(^^;
>
>
>
>     こうでなくっちゃダメ! ということさえ なければ。


なるほど。なるほど。

ところでそろそろですねー。2222
早起きは三文のとく???
.
タイトル: んーーー 2
名 前 : 紗夢 URL
日 時 : 2002/06/03 07:
2184 コンさんwrote

正直に自分を表現したとコンには読めたんです。

あんだけのこと書いて気持ちよくないってことはないはず。

こころの快感っていうことです。


ここ ちょっとキメツケの感じします。
「あんだけのこと 書いて」というのが もうそこで
コンさん(きっと他のヒトも可能性はあるでしょう)の経験外なのだから
そう思われるのではないでしょうか?


> だから 紗夢猫には コンさんの書かれた母のイメージは絵としては描けますが、
> 実感としてはわかりません。


記憶としてないだけで、どこかの意識レベルにはあるのかもよー。


それは 認めます。でもまったく記憶にはありません。
父親はよくキスをしてくれ 顔がハタケだらけになっていたそうです。
母の記憶を聞かされただけです。
母がどうしたかは 語ってくれたことがありません。


小学校にあがる前から「あんたのお父ちゃんは重婚罪や」と
言われてました(^^ゞ
この「あんたのお父ちゃん」という言い方 イヤでした。
あんたが「男の子やったら別れなくてよかったかもしれない」
ということも言われました。

母のイメージです。

小さな子どもに そんなこと言うてもねぇ。


> ワタシはずっと【愛】という見えないものが欲しかったし、
> それを得られない(母親からの愛)ことが哀しかったのも事実です。
> 愛される というのは きっと「気持ちのいい」ものだと思います。


小さいとき、もし母の愛をまったく得ていなかったら、

いまの紗夢さんはいないのではないでしょうか。


これは 母親が子を愛する という 前提のキメツケに基づいて
書かれていると 推測せざるをえません。
確かに生まれた直後 幸せだったころ 母の愛はあったでしょう。

ワタシは母の養母、事実上 血の繋がらない祖母に育てられました。
母は勤めに出て、疲れ、ワタシがまとわりつくと シンドイと
言って つきはなしました。
こんときの光景は ココロに焼きついていました。
この時に「淋しい」というココロが芽生えました。泣きました。

親がなくても 子は育つ という 話もあるではないですか。(^^)


んで あくまで 説明してるだけです。

昔は 自分が とても 可愛そうだと思ってましたが、
今は 思っていません。
どいしようもないほどの孤独感 と 思っていたものも 今は ありません。
淋しいのもフツーの人間の感情のひとつ と 捉えています。


> 誰とも接しないのは 淋しいです。


と感じるのは、接する心地よさをどこかで知っている

からなのではないでしょうか。

コンは母の心地よさのような気がします。



心地好さは 母からしか教われないものではありません。
他所からでも教わるのは可能だと思います。
母からのスキンシップの記憶はありません。
父のは記憶にあります。



嫌いなヒトをキライになるのは簡単ですが

好きな人を嫌いだとキメツケルのは、

ものすごくつらいことなのではないでしょうか。

好きなんですよきっとお母さんのことが・・・・・・・・・・。

ちがうかもしれんけど。



ちがいます。ワタシの場合はキメツケていません。
16、7歳の時からどうしたって好きになれないのが ワタシのホントウです。
だから 山盛り  長いこと 悩んだのです。30年もです(^^)


コンさんは 親子の愛 や絆 を信じてるから(イメージしてるから)
そいうふうに書かれるのでわ。

ちがうかもしれませんが。

ちがうかもしれないこと 
自分が思っていることと ちがうこと いっぱいあると思いますよ。

だって ひとり、ひとり みんな チガウもの。

ワタシは「親がきらい」という市民権のない思いで 長いこと悩みました。
そして「親捨て」という市民権のないことをしてます。

さぁ みなさんは 眉をひそめられるでしょう。
これで 紗夢猫に対するイメージは 同情から嫌悪感に
かわることでしょう。イメージです。

でも これが ワタシの選択です。
だからといって 何にもしてこなかったわけではないです。
母の長年の夢だった 庭付き1戸建ても買いました。
ワタシはそこに 少し一緒に住んでいましたが
大分前に出ました。
ローンはちゃんと払い続け 払い終えました。
母は「ありがとう」とは決して言いません。
中学を出たら 親の勤めは終わっている と公言してましたし、
高校へ行かせるつもりはなかったから。
運良く中学の先生の計らいで奨学金で高校に行き、奨学金とアルバイトで
高校生活を楽しみました。
母に言わせると「誰のお蔭で 高校行けたと思ってるのや」です。
食べさせるお金が大変だったらしいです。
それは そうやと思います。

高校に行ったし、会社に入れたのは 全部お母ちゃんのお蔭なのです。
だから、家のローンもワタシが払うのが当たり前だのクラッカーだったのでした。


いろんな親がいます。子を愛せない親もいるのです。
親を愛せない子もいる と。
子殺しの報道も最近はあとをたちません。
親殺しだって 実際ある世の中です。

いろんな親子がある そういうことが 言いたかったのでした。




アリーさんへ

お返事ありがとです。
ワタシは自己否定はありましたが、それなりに自分は好きでした。
嫌いな時もありましたが、ほとんど好きでした。
そうでなくては ホントに生きていけなかった部分はあったと
思います(^^)
誰かに必要にされたい という熱望がありました。
誰かに役にたつことが とてもうれしかった。
そこにしか 自分の生きてる存在感を見出せなかった というのも
また過去の感情の事実としてあります。

でも 今は違います。
ヒトに喜んでもらうのは 確かに嬉しいことですが、
喜んでもらいたいために 何かをするのは違うということが
わかりました。

自分が そうしたかったら すればいいです。
それが 自分の「快」です。


まるさんが 書いてくれてはること 

   ヘビーさから 抜け出られたという 話なのでわ?


というふうに解釈してもらったらうれしいです。


ヒトにはいろんな物語があり、それを自分で膨らましたり、喜んだり、哀しんだり
ポジティブやネガティブになります。
ワタシは 長いことネガティブの物語の中にいました。
今は そこから出られました。

ずっと「夢の中」「イメージの世界」にいたみたいな感じです。

気がついてから 最初に歩いたとき まさしく
地に足がついている、大地を踏みしめて歩いている という感覚が
ありました。

過去を振り返ったら それまでは フワフワと歩いていた感じがしました。
でも、その感覚を味わえたのは その時だけでした。

では がむばって 引っ越しの準備をします(^^)

今日中に2222いきそうですね。
あたる方 おめでとです!
コンさんが当たったら どうなるんやったっけ?


 
.
タイトル: 「感謝」
名 前 : コン Mail
日 時 : 2002/06/03 08:
他人のこと、あーでもねぇ、こーでもぇ、というけれど、

みーんな自分の問題かも。

自分の中のひっかかりみたいなことがあると、それが

だれかのなにかと共鳴する。

ラジオのチューニングがぴったり合うのと一緒。

反発したくなったり、同意したくなったり、

これでもかー、これでもかーとさんざんやって、

疲れ果てたとき、ぼんやりと自分がみえてくる。

こころの状態がからだに反映され、また逆ともなる。

そういう自分を素直に感じ取れるようになると、

調和をもたらす大切な気持ちが湧いてくる。

思い込むのではなく、湧き出すのだ。
.
タイトル: Re:「感謝」
名 前 : 小次郎
日 時 : 2002/06/03 09:
>
> 他人のこと、あーでもねぇ、こーでもぇ、というけれど、
>
> みーんな自分の問題かも。


     そうですね。

     みんな、それぞれが自分の課題や宿題を持ってるような気が     します。


> 疲れ果てたとき、ぼんやりと自分がみえてくる。
>
> こころの状態がからだに反映され、また逆ともなる。
>
> そういう自分を素直に感じ取れるようになると、
>
> 調和をもたらす大切な気持ちが湧いてくる。


        素直じゃない私は素直じゃない事を
        素直に感じれば良いのでしょうか????
 

        休みの間にたくさん、宿題の答えが
        書いてありました。

        皆さんありがとうございました。
        
.
HOME 過去ログ目次

inserted by FC2 system